ファイル

販促品としても使える

クリアファイルは使うことが多く薄くて軽いので販促品としてもおすすめのグッズです。印刷業者を選ぶときはデザインと枚数を決めてから比較しましょう。枚数だけでも決めておくと見積もりで比較しやすいです。デザインが決まっていたらサンプルで比較するのもおすすめです。

色見本

安く利用できるサービス

ビジネスの場で欠かすことのできない名刺は消耗品でもあるため、なるべく低価格で作成したいものです。そんな時に役立つのが印刷業者が行う無料サービスです。お試しで無料印刷を行うサービスやインターネットに無料で利用できるテンプレートを公開しているサービスもあります。上手くサービスを利用することが大切です。

記事一覧

冊子

高品質な製本が可能です

同人活動を行うときに切っても切れない存在が専門の印刷所ですが、自力で行うのは不可能な印刷方法、また製本の仕方など多彩なプランがあるのが最大の魅力です。インターネット上の情報などを参考に、自身の同人制作の予算や期間などに最もマッチする選択をしましょう。

名刺

注文時に気を付ける事

業者に名刺の印刷を依頼する場合は、必ず価格を比較してさらに品質を確かめてから注文をするようにしましょう。どちらかを調べないままで注文してしまうと、自分が満足できる名刺を手できない可能性が高くなるので十分に注意しなくてはなりません。

ファイル

作成依頼をするときは

クリアファイルを作りたいときは、サービス内容を比較して自分に合う会社に注文しましょう。クリアファイル作成を初めて依頼する場合は、何でも相談に乗ってくれる会社を利用することをおすすめします。少ない数を注文したいときは、最小ロット数を確認することも大切です。

使われるビジネスカード

名刺

信頼をアピールできる

人とやりとりをする場合、直接会ったり、電話をしたりというアナログ的な接触は少なくなってきており、メールやSNSでメッセージを送り合うことが増えてきました。もちろん、ビジネスをする場合でもメールとSNSが使われる頻度は飛躍的に高まっていますが、相も変わらず利用されるのが名刺です。極端な話、メールアドレスやSNSのアカウントをお互いに伝えれば済むのに、なぜ、住所や電話番号が印刷された名刺が今でも交わされているのでしょうか。まず挙げられるのが、信頼度をはかれるというものです。初対面の取引相手に対して名刺を渡すというのは昔ながらの常識です。アドレスを口頭で伝えたり、メモ用紙に書いて渡せば済むという考えもありますが、そういった考えを押し通そうとする人は社会的な常識がない可能性があるわけです。当然、ビジネスパートナーとしてリスクがあるといっていいでしょう。きちんとした名刺を持っている人は、きちんとした常識、マナーを身につけている可能性が高く、ビジネスパートナーとしては理想的です。つまり、多くの人が相手に対して自分は真っ当な人間であるということを伝えるために、名刺を活用しているというわけです。また、紙である名刺はデジタルデータよりも管理はしにくいものの、ある意味、保存しやすいというメリットがあります。意図的に廃棄しない限り、印刷された文字が消えてしまったり、名刺そのものが消滅する心配はほぼありません。