ポイント

一軒家

中古マンションで不動産投資をするのであれば、そのエリアには注意を払っておきましょう。高い利回りを求めて中古マンション情報を追っていくと、都市部から遠く離れた郊外へたどり着いてしまいます。都市部より郊外の方が物件価格も安いので、価格で検索していると知らぬ間に郊外の物件を見ていたということもあり得ます。人口が増加している時代には郊外の中古マンションで不動産投資をするのも1つの戦略です。なぜならば、人が住むところを探して、都市部からどんどん離れたところに家を建てはじめ、その周りが栄えるからです。しかしながら、人口が減少している今のような時代は、郊外から都市部へ人が集まってくるという動きが起きます。そのため、このような時期には、郊外の中古マンションは空室になってしまったらなかなか次の入居者が見つからない可能性が高いのです。

不動産投資をするエリアを選ぶ際のセオリーは、人口が増えているエリアを選ぶということです。この条件にあてはまる最も魅力的なエリアは東京です。東京は人口減少が進んでいる今でも他の地域からの人口流入が続いており、これからもこの状況が続いていくと予想されています。ここ数十年は常に再開発が進められており、最新の設備を取り入れたオフィスビルや高級ホテルなどがどんどん建設されています。また、鉄道や道路などの交通も整備され、とても便利なエリアになっています。東京に住むことで快適な生活が送ることができるというイメージもつきはじめています。東京の中古マンションは少々価格が高めですが、その分、空室リスクが郊外に比べて低いと言えます。