特別控除を活用

建設中の家の内部

注文住宅をマイホームをもとうとする場合。 土地を購入して、建物を建てることになります。 現金一括で購入する人というのは、まずいません。 ほとんどの人は土地と建物のどちらか、 もしくは両方に対して住宅ローンを組みます。 高額なローンを組むことになるわけです。 そこで利用したいのが、住宅借入金等特別控除という制度です。 これは自己の居住のために新築住宅を購入した場合、建てた場合、増改築した場合で 一定の要件を満たすと利用することができます。 10年間にわたって年末の住宅ローン残高に対する1% もしくは40万円のどちらか低額のほうを上限として 所得税額から控除されるというものです。 10年間で最高400万円控除を受けることができます。

住宅借入金等特別控除は、初年度は確定申告を行うことによって 申告し還付を受けることになります。 必要な複数の書類は写しで可能なものと原本でなければいけないものがあり 自分で用意する必要があります。 翌年以降は会社員であれば確定申告を行う必要はなく 源泉徴収によって還付が行われます。 住宅借入金等特別控除は住宅ローン控除とよばれることもあり 土地や住宅を購入する人にとって非常に高額の還付がみこまれます。 過去にも実施されていました。 今回で3回目の実施となります。 政府は住宅取得者の金銭的負担を軽減することによって より多くの土地・住宅の取得を目的としています。 今後また同じような制度が実施されるのかどうかは誰にもわかりません。